Google アナリティクスの銀行や支払い仲介業者からの紹介 – ソリューション

お店で支払いゲートウェイを使用し、支払いプロセス後にコンバージョンカウントが統合されている場合、Google アナリティクス レポートでさまざまな銀行や支払い仲介業者が発生した可能性があります。 この記事では、Google アナリティクスが正しいトラフィック ソースに取引を割り当てるように状況を解決する方法について説明します。

 

参照元サイトの除外リスト

解決策は、参照サイトの除外リストオプションを使用することです。 支払いゲートウェイからドメインを追加する場合、システムはセッションを 2 つに分割せず、正しいトラフィック ソースが残ります。

  • 管理に移動し、追跡通知で参照サイトの除外リストを選択します。

  • ソース (またはソース/メディア) レポートに従う支払仲介業者のドメインを順番に追加します。 また、お客様の複数のオンラインストアに基づいて、以下の完成品リストを使用することもできます。

リスト提案

  • ssl.dotpay.pl
  • secure.przelewy24.pl
  • go.przelewy24.pl
  • pay.bm.pl
  • paypo.pl
  • online.mbank.pl
  • login.ingbank.pl
  • bankmillennium.pl
  • aliorbank.pl
  • m.mbank.pl
  • e-bank.credit-agricole.pl
  • ebank.db-pbc.pl
  • online.t-mobilebankowe.pl
  • citibankonline.pl
  • secure.getinbank.pl
  • secure.ideabank.pl
  • online.eurobank.pl
  • cloud.ideabank.pl
  • m.online.t-mobilebankowe.pl
  • bosbank24.pl
  • sbe.pbsbank.pl
  • secure.payu.com
  • ipko.pl
  • pekao24.pl
  • pekaobiznes24.pl
  • eblik.pl
  • centrum24.pl
  • platnosci.pl
  • inteligo.pl
  • planet.bgzbnpparibas.pl
  • vpos.polcard.com.pl
  • bankmillennium.pl
  • system.aliorbank.pl
  • ca24.credit-agricole.pl
  • login.nestbank.pl
  • login.ingbank.pl
  • bosbank24.pl
  • 3dsecure.mbank.pl
  • cloud.ideabank.pl
  • plusbank24.pl
  • pbn.paybynet.com.pl

これは覚えておく価値があります

上記のリストは、オンラインストアの個々のニーズに合わせて調整されていません。 これは、お客様の何人かからの紹介の集まりに過ぎません。 一覧に含まれていない別の支払いゲートウェイを使用している可能性があります。 このような状況では、最も重要なことは、自分のストア内のトラフィックを分析し、参照元サイトの適切な除外を追加することです。

上記のウェブサイトのいずれかを使用して、ストアへのリンクがある場合、提示された手順の結果として、ドメインは除外されます(そして、正確にトラフィックは直接として割り当てられます)。 この場合、ソリューションは、ソース値、メディア、キャンペーンを使用して、UTM 値を使用してリンクを適切にマークすることです。

要約

  1. 参照元サイトに適切な除外を追加すると、Googleアナリティクスは、支払いゲートウェイから戻ったときに、セッションを 2 つの別々のセッションに分割しません。 セッション ソースは保持されます。
  2. 除外されたサイトからトラフィックが発生する場合、ソースには直接/なしが割り当てられるため、UTMで手動タグ付けを使用することが重要です。

 

Google アナリティクスでgoogleads.g.doubleclick.netソースとtpc.googlesyndication.comを修正する方法

ほとんどの Google アナリティクス アカウントでは、多くの専門家がソース/メディア共有を使用して効率的な分析を理解し、実施する際に明確ではないトラフィック ソースを顧客が確認しています。 もちろん、私たちはgoogleads.g.doubleclick.netとtpc.googlesyndication.comについて話しています

当社のソリューション

収益を確認し、広告キャンペーンのデータをより正確に確認する場合は、Google 有料キャンペーン(Google/cpc)にこれらのトラフィックソースを割り当てることをお勧めします。 記事「参照情報は住所googleads.g.doubleclick.netまたはtpc.googlesyndication.comから来ています」 – これはGoogle広告キャンペーンとGoogleアドマネージャーからのトラフィックです。

しかし、Googleの記事に含まれる問題の解決策は、お客様にとってうまくいかなかったことは注目に値します。 自動タグ付けは有効でしたが、レポート内の上記のソースは引き続き発生しました。

ソリューション。 フィルター!

以下は、上記のソースを「google / cpc」に追加する方法をいくつかのステップで紹介したいと思います。 Google アナリティクスは正確な移動キャンペーンを認識せず、ソースとメディアのみを認識するため、これは理想的ではありません。 ただし、これは、ネガティブな状況を最小限に抑え、不適切なソースにこれらのトランザクションを割り当てることを避けるのに役立ちます。

使用するフィルタ

(テキストガイドの下のグラフィックバージョン)

私たちは、媒体を「cpc」に変更します

 

  1. Google アナリティクス管理の[フィルター] に移動します。
  2. 名前を付けて新しいフィルタを追加します。”googleads.g.doubleclick.net/紹介 – ミディアム“。
  3. フィルタタイプを「カスタム」に設定します。
  4. [高度な” をクリックします。
    1. 「ボックスA – 抽出A」を選択し、「キャンペーンソース」を選択し、貼り付け“googleads.g.doubleclick.net”.
    2. 「フィールドB – 抽出B」我々は「キャンペーン媒体」を選択し、参照“を貼り付ける”。
    3. >出力 – コンストラクタ” ” “中規模キャンペーン” を選択し、 “cpc” を貼り付けます。
    4. チェック ボックス A “必須フィールドB”と “出力フィールドの置換” を選択します。
  5. フィルターを保存します。

私たちは「tpc.googlesyndication.com」を含むアクションを繰り返します

 

  1. Google アナリティクス管理の[フィルター] に移動します。
  2. 名前を付けて新しいフィルタを追加します。”tpc.googlesyndication.com/紹介 – ミディアム“。
  3. フィルタタイプを「カスタム」に設定します。
  4. [高度な” をクリックします。
    1. 「ボックスA – 抽出A」私たちは「キャンペーンソース」を選択し、貼り付け“tpc.googlesyndication.com”.
    2. 「フィールドB – 抽出B」我々は「キャンペーン媒体」を選択し、参照“を貼り付ける”。
    3. >出力 – コンストラクタ” ” “中規模キャンペーン” を選択し、 “cpc” を貼り付けます。
    4. チェック ボックス A “必須フィールドB”と “出力フィールドの置換” を選択します。
  5. フィルターを保存します。

「googleads.g.doubleclick.net/referral」と「tpc.googlesyndication.com/referral」ではなく上記の手順に従った後、Googleアナリティクスはレポート「googleads.g.doubleclick.net/cpc」と「tpc.googlesyndication.com/ cpc」に記載されますが、これはまだ完全な解決策ではありません。

 

ソースを「グーグル」に変更します

 

  1. Google アナリティクス管理の [フィルター] に移動します。
  2. 名前を付けて新しいフィルタを追加します。”googleads.g.doubleclick.net – ソース
  3. フィルタタイプを「カスタム」に設定します。
  4. 検索と置換” をクリックします。
    1. 「フィルタボックス」は「キャンペーンソース」に設定されています。
    2. [文字列を検索]ボックスに“googleads.g.doubleclick.net貼り付けます。
    3. 「貼り付け」の「google」ボックスに。
    4. フィルタを保存した後でデータを確認できます。
  5. フィルターを保存します。

 

私たちは「tpc.googlesyndication.com」を含むアクションを繰り返します

 

  1. Google アナリティクス管理の [フィルター] に移動します。
  2. 名前を付けて新しいフィルタを追加します。”” tpc.googlesyndication.com – ソース
  3. フィルタタイプを「カスタム」に設定します。
  4. 検索と置換” をクリックします。
    1. 「フィルタボックス」は「キャンペーンソース」に設定されています。
    2. [文字列を検索]ボックスに“tpc.googlesyndication.com貼り付けます。
    3. 「貼り付け」の「google」ボックスに。
    4. フィルタを保存した後でデータを確認できます。
  5. フィルターを保存します。

 

グラフィックガイド